FC2ブログ











ミアカフェ 4回目

r2019080301.jpg

 先週、ミアカフェさんへ行って参りました。
 浴衣DAYで、メイドさんは浴衣(風のコスチューム)を着られていました。
 衣装メーカーも営業されているミアカフェらしく、和風というより魔法少女のような可愛い衣装でした。

r2019080302.jpg
ソース焼きそば(ラミカ付 1000円)

 お祭りをイメージしたメニューがあったので、焼きそばをオーダー。
 もらったラミカはお店のエース級メイドさんのもの。
 いわゆる大当たりでした。

店舗情報
ミアカフェ
住所:東京都千代田区神田須田町2-19-36 1F


気絶 1回目

r2019062901.jpg

 4月10日にオープンされた本とメイドの店 気絶さんへ行って参りました。

 御徒町駅からは徒歩5分。
 湯島の綺麗なお姉さんのお店が立ち並ぶエリアにあり、絶妙なチョイスの書籍が並ぶお店で、例えるならば小さな私設図書館とメイドバーをミックスさせたようなイメージでしょうか。
 
 システムはソフトドリンク飲み放題で30分1000円から。
 アルコールが追加されるとその分割増しとなり、最大はビール飲み放題で30分2000円となっていました。

 私がお邪魔した6月初旬はフードやチェキのサービスは提示されませんでしたが、現在はチェキ(600円)も用意されているそうです。
(SNSを辿ると5月の時点でチェキはあったようですので、メイドさんが報告され忘れただけかもしれません)

 利用法として、店内の書籍を楽しんだり、メイドさんとの会話を楽しんだりするのが一般的な模様です。
 秋葉原から離れている分、落ち着いた空間作りができているように感じました。 

 私がお邪魔した際はたまたま貸切状態。
 メイドさんと舎長さんと丸々1時間お話をし、申し訳ないくらいに堪能致しました。

 池波正太郎さんのファンに悪い人はいません!

 萌え萌えきゅーんなサービスが無いので、大人のご主人様お嬢様がのんびりするには非常に適しているお店だと思います。
 おひとり様でも、お友達同士でも楽しく利用できそうですね。
 

店舗情報
本とメイドの店 気絶
住所:東京都文京区湯島3-46-6 TS 天神下ビル6F


BLUE EGG 1回目

r2019052601.jpg

 3月1日にオープンしたコンセプトカフェ、BLUE EGGさんへお邪魔致しました。

 実はこちらは名古屋大須にある複数のコンセプトカフェのグループで、コモレビフィーカさんとも同系列店です。
 私の訪問日にはたまたま名古屋からヘルプで来られたメイドさんがおられ、その話で盛り上がりました。

r2019052602.jpg
ソフトドリンク(700円)

 BLUE EGGさんのシステムは男性1時間800円、女性は1時間500円のワンドリンク制。
 ソフトドリンクは700円からあり、このようにプラスチック製のコップにメイドさんがメッセージを書いてくれます。
 また系列店のコモレビフィーカさんのように、目の前でドリップしてくれるコーヒー(800円)も用意されています。
 
 次回お邪魔した際にはコーヒーにも挑戦したいですね。


【BLUE EGG】
 公式サイト
 住所:千代田区外神田1-6-3 アキバあそび館5F

アンナミラーズ 2回目

r2019050101.jpg

 令和1本目のレポートは品川にあるアンナミラーズ。
 可愛い制服ファンならご存じない方はいないであろう、超有名なアメリカンレストランです。

r2019050102.jpg
ダブルダブルチョコレート(630円)

 アンミラの名物は美味しいパイ。
 私もこのお店のチョコ系パイが大好きです。

 今回は本日のスペシャルパイである、ダブルダブルチョコをオーダーしました。
 パイ生地の上にチョコレートムース、その上にチョコレートの生クリームという、チョコ好きにはたまらない構成となっております。

r2019050103.jpg
パイ&コーヒーセット(1030円)

 ダブルダブルチョコパイとコーヒーがセットで、税抜き1030円。
 コーヒーはお代わり自由のシステムで、運が良ければ可愛い制服のウェイトレスさんが対応してくれます。
(もちろんコック服の方も男性もいらっしゃいます)

 大手チェーン店のように落ち着かない事もありませんし、パイはライバル店のものと比べるとトップクラスに美味しいですし。
 さらに品川駅前というロケーションの良さもあるので、イベント帰りに立ち寄られるのもオススメです。


店舗情報
アンナミラーズ高輪店
住所:東京都港区高輪4-10-18 ウィング高輪2F



HOOTERS GINZA 1回目

r2019043001.jpg

 タンクトップとホットパンツというセクシーな制服で有名なフーターズさんへ行って参りました。

r2019043002.jpg

 フーターズはアメリカ発のレストランです。
「Hooters」には、

・セクシーな衣装のお店なので、男性はフクロウのようにキョロキョロ見てしまう。
・豊かなバスト。

 
 の二種類の意味があるそうで、どうも当店とは真逆の明るいヤングメンなイメージではありますが。
 ランチタイムという事もあって、入ってみると非常に明るく清潔感のある店内。
 ウェイトレスさんもいきなり踊りだすことはなく、フロアのモニターではスポーツチャンネルが流れています。

 お客さんの層は男性が多いものの、一人でのんびり来た方やサラリーマン同士の休憩のような利用をされている様子です。

r2019043003.jpg

 私のテーブルが担当するウェイトレスさんと少しお話をさせていただきました。
 初来店という話をしたら、紙ナプキンに可愛いサインを描いてくださいました。

 メイドカフェではコースターにイラストを描く文化がありますが、あちらにも似たようなサービスがあるのでしょう。

r2019043004.jpg
フーターズバーガーセット(ドリンク付 1200円)

 今回はフーターズの名物のひとつ、ハンバーガーを注文しました。
 ハンバーガーとポテト、ドリンクと日替わりスープ(この日はポタージュ)がセットで1200円と、平日とはいえ非常にリーズナブル。
 ハンバーガーはパティのボリューム(「肉食べてるなー」感)もあり、高級系ハンバーガーショップと比べても負けていません。
 コンセプトカフェと比べると、かなりお手軽と言っても良いと思います。

 一般的な利用はもちろん、コンカフェめぐりの候補店に加えてみても面白そうですね。

 ちなみにこちらは許可を得れば、ウェイトレスさんの撮影が可能です。

店舗情報
フーターズ銀座
住所:東京都中央区銀座8-5 銀座ナイン1号館2階