FC2ブログ











Akiba Dining Seven Seas 1回目

r2020021101.jpg

 欧風ギルドレストラン ザ・グランヴァニアの跡地にSeven Seasというお店がオープンしたのでお邪魔致しました。

 名前からすると海洋の世界をイメージされておられるのでしょうか。
 特に海をイメージさせる店内ではありませんが、グランヴァニアの時代から古き良き喫茶店のイメージを壊さない内装を維持されていたので、こちらのお店もその方針のようですね。

 挨拶は一般的な喫茶店と同じで、メイド服はミニとロングの2種類が確認できました。

r2020021102.jpg
スパゲティ・アラビアータ(880円)

 初来店のオーダーは、アラビアータ。
 アラビアータはメイドカフェでは割と珍しいメニューでしょうか。
 パスタもコーヒーも美味しくいただきました。

 それでは初来店なので、思ったことをいくつか記します。

 お店の魅力は、歴代この場所に存在した店舗に共通する料理の美味しさでしょうか。
 コーヒーは通常の物とその場でハンドドリップされるものがあり、後者はやや高め。
 とはいえ価格も味も普通の喫茶店とほとんど変わらないレベルです。
 
 価格の安さも魅力になります。
 コンセプトカフェには珍しく、ランチタイム&カフェタイムにはチャージ料無し。
 ドリンクは550円程度から楽しめます。
 チェキの料金は1枚500円で、利用する側が戸惑ってしまうほど超破格。
 
 反対に気になった点もいくつかあるのでこちらも書いておきましょう。

 まず営業時間内にランチタイム、カフェタイムなどと3つほどに分けたスタイルを採用していますが、こちらのメニュー縛りがかなり強めです。
 例えばコンカフェの花形メニューであるオムライスやパフェがカフェタイム以降のメニューのため、14時以前にオーダーすることができません。
 オーダーできるメニューを絞ることでメリットもあるのでしょうが、お昼にオムライスを食べたい私としては残念なシステムでした。

 次に接客面で「レジ係が席に案内する」システムになっているようで、担当のメイドさんがレジや電話対応をしていると入店してきたお客さんが放置されるという場面を何度も見かけました。
 席はかなり空いてますし、手の空いたメイドさん二人が立ったままですし、何か良い方法があるように思えました。
 役割をしっかりされるのは悪い事ではありませんが、初めてきたお客さんは自分が放置されている中で談笑されているメイドさん達を見てどう感じるのかが気になります。

 最後は公式サイトが見つからずに情報が分かりにくい点。
 料理も美味しいし素敵なお店なので、もう少し広報活動に欲を出されても良いのではないでしょうか。


 何はともあれ、喫茶店の延長線上で利用できるお店が増えたことは秋葉原を利用する方々にとっては朗報です。
 次回も訪問したいと思います。

店舗情報
Akiba Dining Seven Seas
住所:東京都千代田区外神田1-14-3 電波会館2F(地図)


スポンサーサイト