FC2ブログ











フライハイカフェ 秋葉原店 1回目

r2019112401.jpg

 神田和泉町で9月7日にオープンした、フライハイカフェ秋葉原店さんへ行って参りました。

r2019112402.jpg

 こちらはゲームメーカーのフライハイワークスさんが経営されているカフェで、ドリンクをオーダーすれば同社のゲーム(Nintendo Switch版)が遊び放題という、カフェと作品の体験スペースを兼ね備えたお店です。

 遊べるゲームはかなりあり、ホワイトボードにビッシリと描きこまれています。
 好きなゲームのジャンル別に分かれているのでわかりやすく、当店としては昔ながらのドット絵アクション「神巫女」がおススメです。

 もちろんそれだけでも魅力的なお店ですが、現在は名前入りカセット博物館さんとのコラボで、「名前入りカセット展 2019」を開催中。
 12月8日まで、店内にビッシリと展示されている名前入りファミコンカセットを観る事が出来ます。
 入場は無く、ファミコンカセットを観るだけなら無料で利用できます。

r2019112403.jpg

 名前入りファミコンカセットとは、文字通り名前の書かれたファミコンカセットの事。
 かつてのファミコンプレイヤーが手放した名前入りファミコンカセットを展示し、懐かしがってもらおうという展示企画で、もし元の持ち主がいらっしゃった場合には、お返しもするそうです。
(公式サイトでは言い値で販売されるとありますが、その点のルールの違いなどは当店ではわかりませんでした) 

r2019112404.jpg

 名前入りのファミコンカセットは、人気ゲームであればあるだけ存在があります。
 会場内にはどんなファミコンカセットがあるのでしょう?

 名前入りの方は本店の方で特集を組みましたので、支店であるルフィドニアでは「シールもの」に特化したカセットを紹介します。
(気になる方はリンク先の本店サイトにて、11月17日から18日の日記をご覧ください)

r2019112405.jpg

 まずは基本形、ビックリマンシールです。
 現在の相場だと300円~500円位のシールですね。

 お子様はシールというシールを貼りたくて仕方がない性質をお持ちですので、この持ち主も本能のままに貼ったのでしょう。

 ただお子様はお子様なりの価値観があるので、買ったばかりのゲームや面白いゲームにはなかなか貼らないもの。
 何のタイトルに貼ったのでしょう?

r2019112406.jpg

「にこにこぷん」のじゃじゃ丸でしょうか。
 歴史を感じるシールです。

 ご存じない方に説明いたしますと、NHK教育TVの「おかあさんといっしょ」という番組の人形劇作品です。
 昭和後期から平成初期まで放送されていた番組なので、これを見て育ったお子様の中にはご自身がお子様をお持ちであるケースもあるでしょうね。

r2019112407.jpg

 サンリオ「けろけろけろっぴ」のシールです。
 このカセットの持ち主は女の子かもしれませんね。

r2019112408.jpg

 シールの中には業者が貼るものもあります。
 中古販売店が前の持ち主の落書きを隠す為だったり、宣伝も兼ねていたり。
 こちらはボックスグループが経営されていた大手中古ゲーム販売チェーンの「ドキドキ冒険島」のシールです。

 ボックスグループさんは現在リラクゼーション店舗を運営されており、ヨドバシAKIBAにある「ルアンルアンヨドバシAKIBA」も系列店です。
 今も昔も、秋葉原とは割と近い所にいらっしゃるのですね。 

r2019112409.jpg

 こちらも大手ゲームチェーン店である「カメレオンクラブ」のシールです。
 どうもシールの下には「ドキドキ冒険島」らしきシールが貼られているように見えます。
 いくつもの買取を経て現在があるカセットなのでしょう。

r2019112410.jpg

 今回のイベントで見かけたシールはいくつか撮影し現在を調べてみましたところ、ある意味当然ですが基本的に全滅していました。
 中には少し場所を変えて営業みたいなのケースもありましたが、カードゲーム、携帯電話、その他の中古品の扱いを兼ねているようで、やはりゲームの中古販売だけでは厳しいのでしょう。
 
 ファミコンと同じくらい、ファミコンカセットにも歴史があるのだと思います。


企画情報
店舗情報
フライハイカフェ 秋葉原店
住所:東京都千代田区神田和泉町1-6-7
営業時間:12:00~21:00


スポンサーサイト



[ 2019/11/24 09:00 ] 一般のお店 | TB(0) | CM(0)