FC2ブログ











英國喫茶 Royal Lily 1回目

r2019020901.jpg

 町田へやって参りました。
 この日のお目当ては、英國喫茶ロイヤルリリー。
 2018年9月にオープンした、古城をイメージした執事とメイドのいるコンセプト喫茶&BARです。
 
r2019020902.jpg

 階段を上ると、広いエリアが広がります。
 絵画や書籍などが並び、机やソファーが余裕をもって設置されています。
 秋葉原で同じスペースだったら、机も椅子も倍近く置かれているでしょう。

r2019020903.jpg
コースB コンフィ(2500円)

 利用時間は90分。
 メニューはコースのみで、

・ティータイムが楽しめるコースA
・軽食とデザートが楽しめるコースB
・しっかりとした食事やアルコールを楽しみたい方向けのコースC


 で、料金は1800円から4500円までのコースが用意されています。
 今回はサンドイッチが楽しめる、コンフィコースをオーダーしました。
(コースBではパスタがセットのコースもあります)

 まずは軽食。
 サラダとサンドイッチを楽しみます。

r2019020904.jpg

 食事の後はお待ちかねのデザート。
 コンフィでは、ケーキ、焼き菓子、スコーンの他、8種類の紅茶から好きな物が選べます。
 最初の1杯はメイドさんや執事さんが注いでくれます。

 このティースタンドで楽しめるっていうのが、カフェ好きには大きなポイントですね。

r2019020905.jpg

 コンセプトカフェですから、店員さんのお話も書いておきましょう。
 
 こちらではメイドさんと、男装の執事さんがおられます。 
 シフトにより、片方しかおられなかったり、両方いらっしゃる場合があるようです。
 私がお邪魔した際には執事さんがおられ、途中からメイドさんが加わりました。

 どの執事さんもメイドさんも非常に親しく接客してくださり、大変楽しい時間を過ごすことができました。
 とりわけ執事さんの知識の深さには感銘するものがありました。話の引き出しが非常に多い方でいらっしゃいました。

 だからでしょうか、お客さんは圧倒的に女性の方が多いようです。
 8割以上はお嬢様のお客様だったのではないでしょうか。
 確かに、秋葉原の萌え萌えメイドカフェとはまた違った魅力のあるお店ですからわかるような気がします。


店舗情報
英國喫茶Royal Lily
住所:東京都町田市中町1-18-15 クローヴビル2F


スポンサーサイト