FC2ブログ











らびあっと 1回目

r2019052500.jpg

 大須のコンセプトカフェレポートもとうとう最終回。
 日本橋遠征レポートからお付き合いいただき、ありがとうございました。

r2019052501.jpg

 今回の目的地は小さな萌え空間とも称される小型店舗のコンセプトカフェ、らびあっとさん。
 ウサミミ姿の可愛いキャストさんがお出迎えしてくださるそうですが……。

 行ってみたところ、店舗は暗く人のいる気配はありません。

r2019052502.jpg

 その理由はお向かいのお店にありました。
 らびあっとさんは平日は先ほどの小さい店舗で営業し、休日はお向かいの店舗を借りて営業されるシステムでした。

 私は現地でこの営業スタイルを初めて知ったので、ビックリしました。
 
r2019052503.jpg
らび@オムライス(1000円)

 システムは1時間500円のワンオーダー制。
 通貨は『ぴょん』なので、オムライスは1000ぴょんですね。

 メニューは手作りのものがベースで、オムライスも大変美味しかったです。
 お絵かきでオーダーしたタヌキは、珍しく斜め前からの構図で、尻尾もしっかり描写してくださいました。

 また、店員さんも非常に親切で新規客の私に気を使ってくださり、大変楽しい時間を過ごすことができました。
 本遠征での最後に立ち寄るお店だったので、良い思いで旅行を終える事ができて嬉しかったです。


【らびあっと】
 公式サイト
 住所:名古屋市中区大須3-30-60 OSU301ビル3F
スポンサーサイト

MaiLeaf 2回目

r2019052301.jpg

 遠征旅行もいよいよ3日目、ようやく最終日のレポートに突入しました。
 この日は午前中にお城を巡ってから、大須へ向かいます。

r2019052302.jpg

 お昼の大須にやってきました。
 今回の目的地は、6年前に立ち寄ったメイリーフさん。

 前回の訪問でややネガティブな評価をしてしまった事もあって、再チャレンジと申しますか追試と申しますか。
 ともかく評価基準を更新するためにお邪魔致します。

r2019052303.jpg
オムライス(1000円)

 店舗は1Fにあり、2F建ての家のようなテナントを丸々利用されています。
 高さのある店舗は解放感があり、天井でクルクル回るシーリングファンを見ているだけでも時間が過ぎてしまいます。
 メイドカフェの業界でも縦の店舗というのはあまりありませんから、物珍しくキョロキョロしてしまいます。

 接客をされたメイドさんはとても親切で気配りもしっかりされており、出されたオムライスも大変おいしかったです。

 6年前にお邪魔した時と随分違い、私の予想や想像を軽く上回ってくれました。
 おそらくは、たまたまその日はお店全体のバイオリズムが下がっていただけなのかもしれません。

 レポートサイトを運営していると、1回の訪問で評価する事がいかに難しいかを知らされますね。

【MaiLeaf -メイリーフ-】
 公式サイト
 住所:名古屋市中区大須2-29-11

Palette Maidcafe 2回目

 名古屋のメイドカフェレポート強化更新中でございます。
 3軒目となる本日は名古屋駅から歩いてすぐにあります、パレットメイドカフェさん。

 店長さん曰く、
「メイドカフェをやってみた、というコンセプトのメイドカフェ」
 というお店で、店長さんやメイドさん、お客さんが大変明るく、コンセプトカフェでこれだけ楽しく笑ったのも珍しい出来事でした。
 秋葉原に支店が欲しいお店のひとつですが、これは店長さんの御手腕によるものでしょうから、なかなかに技術の継承が難しい所でしょうね。

 ともかくも、名古屋のメイドカフェめぐりをされる方には是非ともオススメしたいお店のひとつでございます。

r2019052101.jpg
豚すき焼き皿(950円)

 そして大変申し訳ありません。
 店長さんとのおしゃべりや美味しいご飯に夢中で、写真がコレしかございません!

 この豚すき焼き皿。
 お皿という名前ではございますが、横から見るとご飯もおかずも丼サイズ。
 下にはお豆腐がびっしり敷き詰められていて、おおよそコンセプトカフェで提供される料理とは思えないほどのボリュームです。
 私もなんとか完食できましたが、残される方も少なくないとか。
 
 味も私好みで、大変おいしかったです。

 ところで。
 パレットメイドカフェさんやシークレットチェンバーさんでチェキを頼むと、スマホで撮影された後にプリンターで出力されるのですが。
 秋葉原でこのシステムを採用しているお店を見かけないのはどういう事でしょう?

 チェキをアルバムに収めて並べてみても、この2店舗(大須では萌えりぃさんもプリンターでしたっけ?)のものだけが圧倒的に綺麗なのです。
 レンズの性能が良い上に、簡単な補正もできるからなのかもしれません。
 せっかく素敵なキャストさんを撮影するのですしそれほど高価な物ではないでしょうから、そろそろ秋葉原の店舗でも導入すれば良いのにと思います。


【パレットメイドカフェ】
 公式サイト / 公式ツイッター
 住所:名古屋市椿町20-12 西原ビル4F

358るな~るかふぇ 1回目

r2019052001.jpg

 大須のコンセプトカフェ巡りの三軒目でございます。
 お店はコモレビフィーカさんから道路を隔ててすぐの場所にある、358るな~るかふぇさん。

 コンセプトとしては、
「織田信秀と吉法師(織田信長)の親子が助けてあげた狐が恩返しに茶屋を始めました。」
 というニュアンスで良いのでしょうか。

 実際に近所に織田信秀のお墓があるので織田信長方面のストーリーを作れるのが、大須の強みでしょうか。
 東京ではそんな設定が作れないので、うらやましいお話です。
 
r2019052002.jpg

 和服をベースにした可愛い狐さんのキャストさんがお迎えしてくれるるなーるカフェさん。
 店内は靴を脱いで畳のエリアにあがるタイプで、割と自由にくつろげます。
 常連のお客さんも割と好きなようにのんびり楽しまれているようです。

「名古屋で一番だらけられるカフェ」
 と名乗られている理由がわかりますね。

 システムはコース別に料金が変わります。
 短時間で飲み放題が楽しめるコースと、時間チャージのみのコースがあり、また来店時間で料金が変わります。
 私が利用したコースはソフトドリンク飲み放題付で1時間1500円のコースにしました。
 
 上の画像の看板に影響されて、ドリンクは久しぶりにコーラをオーダー。
 新人狐さんと乾杯し、色々と楽しいお話も致しました。

 大須のコンセプトカフェはどこも個性があって、楽しみ方も様々なのですね。


【358るな~るかふぇ】
 公式サイト
 住所:名古屋市中区大須2丁目17-17 リアリービル2F

コモレビフィーカ 1回目

r2019051901.jpg

 大須遠征第二弾のレポートは、コモレビフィーカさん。
 こちらもロングスカートのメイド服を採用されているお店です。

 昨年、大須の老舗メイドカフェであるエムズメロディさんが閉店してしまい、昔ながらのファンが残念がっていたというお話は常々耳にしておりました。そんなエムズメロディさんのような落ち着くお店がもう無いのかと思っていたご主人様お嬢様にとって、コモレビフィーカさんのオープンは吉報だったそうで、発表当時はSNS界隈でも随分と賑わっていましたね。

 天然の木目と煉瓦をイメージさせる清潔感がある店内。
 大きなオルゴールの装置が置いてあり、時間によってはオルゴールの演奏もあるようです。

 お客さんへの呼び方は、男性はムッシュで女性はマダム。
 大奥様のお屋敷にある書斎をイメージしている為か、自由に読める本やオシャレな小物が沢山飾られています。 

 チャージ料は300円。
 年会費5000円でチャージ料が無料になり、各種特典が受けられます。

r2019051902.jpg
コーヒーと菓子のセット(1600円)

 今回はコーヒーとデザートのセットをオーダーしました。
 コーヒーをオーダーするとこれら一式がテーブルに運ばれてきて、メイドさんが目の前でコーヒーを淹れてくれます。

 トレーニングを受けている為、コーヒーの淹れ方もしっかりされておられます。
 いわゆる萌え萌え系のお店とはまた違う魅力です。 
 もちろん、一生懸命コーヒーを淹れてくれるメイドさんを眺めるのも楽しみのひとつなのではありますが。

r2019051903.jpg

 紅茶を扱うお店の多い中、目の前でのドリップサービスはコーヒー派としては嬉しい演出です。
 味もしっかりとした美味しい物でしたし。

 秋葉原にも支店を作って欲しいと思ってしまう、素敵なお店でした。

【コモレビフィーカ】
 公式サイト
 住所:名古屋市中区大須2-30-14 櫻井ビル5F