FC2ブログ











@ほぉーむカフェ ドンキ店 1回目

r2019042703.jpg

 秋葉原のドン・キホーテにある、@ほぉーむカフェ ドンキ店へ行って参りました。
 ここにくるのは何年振りでしょう、のお馴染みフレーズで表現すると、

「@ほぉーむカフェのドンキ店へ行ったのは、14年以上ぶりです」

 となります。
 まだ萌え萌え挨拶の無い、スタンド式のメイドカフェだった時代のお話です。
 14年ぶりにお邪魔したドンキ店はもちろん当時の面影はほとんどなく、本店仕様の内装になっていました。

r2019042701.jpg
メイドがお絵かき♪あいちゅモカラテ(680円)

 それではこの日頼んだ料理を紹介しましょう。
 まずはお絵かき付きのアイスモカラテ。
 外国のメイドさんにタヌキをお願いしたところ、可愛く描いてくれました。
 
 聞けば、メイドさんのご実家ではアライグマを良く見かけるそうです。

r2019042702.jpg
ぴぴよぴよぴよ♪ ひよこさんライス(900円)

 そしてご覧ください。
 @ほぉ~むのメイドさんがオムライスに描いてくださった、このタヌキ度の高さ。
 目も尻尾もアライグマではない上に、愛嬌のある体まで描いてくださいましたよ!

 この日は完全に「当たり」でした。
 良いメイドさんが担当してくださったと思います。

店舗情報
@ほぉーむカフェ 秋葉原ドンキ店
住所:東京都千代田区外神田4-3-3 ドンキホーテ秋葉原店 5F


スポンサーサイト



@ほぉーむカフェ 本店7F店 4回目

r2018111801.jpg
抹茶ラテ(680円)

 本店のレポートの関係で、@ほぉ~むカフェへ行って参りました。
 こちらのチェキはツーショットだけでピンでの撮影ができないので、食事のみ。
 抹茶ラテはタヌキの絵を描いてもらいました。
 タヌキ度としては惜しいですが、可愛いですね。

r2018111802.jpg
ひよこさんライス(1100円)

 こちらは名物のオムライス。
 目の前でオムレツをパカっと割ってくれます。
 こちらもお絵かきはタヌキ。
 タヌキというよりクマですが、可愛いからOK。
 ケチャップライスの中にはベーコンが入っており、十分美味しいです。
 チキンナゲットが良いですね。

 そして、この日は個人的に拍手をしたい場面を目にしました。

 外国のお客さんがおひとりで来られていたのですが、色々なメイドさんが彼に気が付き英語と身振り手振りでお話をされていました。たまたまスマホケースが日本のアニメだったので、その作品が好きなメイドさんがやってきて話をされているように見えました。
 中には主題歌をワンフレーズを歌ったり踊ったり。
 ああいう接客を受けたお客さんは、きっと良い思い出を胸に帰国されたでしょう。

 英語でメニューを用意しているお店でも外国のお客さんは放置されることが多い中、さすが@ほぉ~むだなと感銘を受けました。


店舗情報
@ほぉーむカフェ 本店
住所:東京都千代田区外神田1-11-4 ミツワビル7F


@ほぉーむカフェ 本店6F店 3回目

r2017112301.png
ぴぴよぴよぴよ♪ ひよこさんライス(1100円)

 @ほぉーむカフェさんへ久しぶりに帰宅。
 記録では3年前くらいになっています。

 今回はオムライスをオーダー。
 メイドさんにはタヌキを描いてもらっています。

 照明の関係で、撮影がうまくいきませんでした・・・・・・。

r2017112302.png
メイドがお絵かき♪あいちゅモカラテ(680円)

 セットで注文したお絵かきモカラテは、ウサギをオーダー。
 オムライスもそうですが、ケチャップやチョコレートでよく一発本番で上手に描かれます。

 店内は4F、5F、6Fと大盛況。
 どのエリアも席に案内されるのを待っています。
 こんな元気のあるメイドカフェは、@ほぉーむさんの他にいくつあるのでしょう?

 メイドさんもお客さんも様々な国の方がおられ、賑やかで楽しそうですね。


【@ほぉーむカフェ 本店6F店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田1-11-4 ミツワビル6F

@ほぉーむカフェ 本店6F店 2回目

r2014100401.jpg

 今月は食欲の秋として、帰ってきたカレー特集を実施致します。
 実は前回の特集の時にメイリッシュさんのピンクのカレーを紹介しましたら、お客様より、
「@ほぉ~むさんにもありますよ。」
 という情報を頂きました。
 そこで今回はこのお店を特集1軒目にし、ピンクのカレーを紹介したいなと思い至ったわけなのでございます。

 久しぶりの@ほぉ~むさんは相変わらず明るく賑やか。
 普段私が通うカフェとはまた別の魅力がありますね。

 当初の予定とは少しだけ違うオーダーをしつつ、店内を眺めます。
 @ほぉ~むさんと同じコンセプトのお店は数あれど、

・客引きをしない。
・店内でグッズやサービスの押し売りをしない。
・内装に手抜き箇所が見られない。
・常にメイドさんがフロア内におり、閑散としていない。


 あまりこのお店に詳しくない私でも、パッと見てこれくらいの良い所を探すことができます。
 逆に言えば、客引きが沢山いて、塗装がはがれている壁やテーブルの座席に案内され、食事をしている最中にもグッズやサービスを売り込んで来て、肝心な時にメイドさんがいなかったりメイドさん同士でお喋りしているお店のなんと多い事か、というわけなのですけど。

 こういう地道な頑張りが、日本旅行のガイドブックで多数取り上げられ、多くの外国人客のお客様が来られるほどの信頼につながっているのではないかなと思います。余所のお店でこれくらい海外からのお客様を見かけるお店はありませんから。

r2014100402.jpg
わんわんカレーらいちゅ(1100円)

 さて、いつもとは逆に、本日はお店の評価をしてからお料理のレポートです。

 実は最初はピンクのカレーを頼むつもりが、こちらの方が@ほぉ~むさんらしいかなと変更してしまいました。
 代わりにオーダーしたのは、ハンバーグを犬の耳に見立てたわんわんカレーでございます。

 メイドカフェができた頃のハンバーグカレーなんて、お皿にご飯を置いて、ルーをかけて、ハンバーグを乗せて、それでおしまいでした。
 夢を与えるお店とはいえ、こういう飾り方を考えた人は本当にすごいと思いますよ。


【本日紹介した店舗のサイト】
 @ほぉーむカフェ


@ほぉーむカフェ 華 1回目

r2013110301.jpg

 この日は秋とは思えないくらい寒く、温かいものが食べたかったので、それらしいお店にお邪魔してきました。
 お邪魔したのは@ほぉーむカフェさんの5F、華。
 和風の趣のあるお店です。

 和風衣装に身を包んだメイドさんがお迎えする店内は、赤を基調とした明るく雅な雰囲気。
 中央カウンターには畳が敷かれており、メイドさんが畳の上から給仕をしてくださるのが特徴です。

r2013110302.jpg
抹茶&白玉ぜんざい(1150円 帰宅料600円別)

 温かい甘いものはあるかな? と思ったら、ありました。
 寒い時には温かい抹茶と、白玉ぜんざいです!

 抹茶(単品800円)にはカステラがついてくるので甘いものが重なってしまいますが、まったく問題ありません。

r2013110303.jpg

 抹茶は目の前でメイドさんが点ててくださいます。
 外国から来たお客さんにもウケが良さそうなサービスですね。 

 あ、でもおまじないは普通に萌え萌えきゅーん的なもので、「いと美味になあれ」などと和風にはならないようです。

r2013110304.jpg

 華のぜんざいは白玉のようです。
 メイドカフェには抹茶やあんこ物のメニューが少ないので、和風党に嬉しい品揃えでした。



【本日紹介した店舗のサイト】
 @ほぉーむカフェ