FC2ブログ











BuRoPa Diner

r2019100601.jpg

 中野のレンタルスペースを利用した1日限定カフェへ行って参りました。

 店名はBuRoPa Diner。
 かつて不二家が経営していた制服が可愛い伝説のレストラン、ブロンズパロットの衣装のメイドさんが接客をされているお店です。

r2019100602.jpg
2種類のチーズとザワークラフトの欧風バーガー(1500円)

 店内は2階層が利用されており、1階はメイドカフェに関する同人誌の即売スペース、2階が喫茶スペース。
 2階の喫茶スペースはチャージ料として1時間600円(女性は300円)発生します。

 メニューはアルコールとソフトドリンク、食事が数点。
 ハンバーグやサラミ、じゃがバター、ナッツなどが用意されていました。
 私はお酒が飲めないので、ドリンクとハンバーガーをオーダーし、しっかり食事を頂きます。

 やってきたハンバーガーは、左にハンバーガー、右にハンバーグ。
 ……かと思いきや、なんと左右を合わせてハンバーガーになるという、超巨大なバーガーでした。 

 ハンバーガーのパティはそれはもう絶品。
 普通に営業されているメイドカフェでも、こんなに美味しいハンバーガーを提供されているお店は無いのではないでしょうか。
 店内で働かれていたメイドさん(キャストさん)も大変感じの良い方ばかりで、すっかり居心地の良い空間を満喫致しました。

 次のイベントも心待ちにしております!

スポンサーサイト



プリンセスカフェ秋葉原1号店 ごちうさカフェ

r2018071501.jpg

 先月秋葉原のプリンセスカフェで開催されていた、ご注文はうさぎですかカフェにお邪魔してきました。
 貯まっていたレポートのストックを紹介しているうちに、イベントが終わってしましたね。

 劇場版作品のDVD化記念イベントだったのでしょうか?

r2018071502.jpg

 やや店内は細長くコンパクトながら、多くの可愛いイラストが展示されていました。

r2018071503.jpg
カラフルドリンク 千夜(700円)

 さっそく当店作者の推しキャラ、千夜(宇治松千夜)ちゃんのドリンクをオーダー。
 生クリームの入った氷に、自分の好みで抹茶ミルクを入れて楽しむようです。

r2018071504.jpg

 よく見ると、千夜ちゃんのプリントモナカが!
 だから自分の好みで抹茶ミルクを入れられるシステムなんですね。

r2018071505.jpg
あんことギースのワイルドオープンサンド(1280円)

 フードメニューもオーダーしてみました。
 あんことギースのワイルドオープンサンドです。

 あんこはポテトサラダとサーモン、ワイルドギースはポテトサラダと生ハムでした。
 生ハムがうまく噛み千切れず、上手に食べる為の技術力が必要でしたよ。



【プリンセスカフェ秋葉原1号店】
 公式サイト
 住所:東京都千代区外神田4-4-3小木曽ビル3階・4階

セガコラボカフェ ラブライブ!スクフェスカフェ 1回目

r2018061601.jpg

 7月8日まで、セガコラボカフェ秋葉原3号館さんで、ラブライブサンシャイン(スクールフェスティバル)のコラボカフェが開催されてます。

r2018061602.jpg

 店員さんも非常に作品愛があるらしく、入店する前にお客さん全員で
「ゼロからイチへ!」
「Aqours!」
「サンシャイン!!」
 とアクション(ムーブ)をとるサービスがありました。

 せっかくなので、恥ずかしがらずに楽しんじゃいましょう。

r2018061603.jpg

 スクフェスカフェは基本予約制ですが、平日や土日の早め、もしくは夕方以降は予約無しで利用できる場合があります。
 まずは店頭で確認をされると良いでしょう。

r2018061604.jpg
津島善子(600円)

 善子・・・・・・じゃなくて、ヨハネを注文。
 中身はアップルジュースとヨーグルトの入った、ミックスジュースです。
 セガのコラボカフェはアルコール類がなく、年齢に関係なく楽しめるのが魅力の一つですね。

 隣のお客さんは4種類くらい頼まれていて少しビックリ。
 もらえるコースターはランダムなので、お目当てのコースターを手に入れるためには複数注文したり他のお客さんと交換するのが良いでしょう。

r2018061605.jpg
スクフェスブラックつけ麺 タイムトラベル編(1200円)

 限定メニューは魚介類をベースにしたスープのつけ麺。
 キャラクター系のカフェで、つけ麺というのはちょっと珍しいですね。

r2018061606.jpg

 フード類を注文するとビッグコースターがもらえます。

 その他にも、スクフェスをインストールしたスマホを見せるとちょっとしたお土産ももらえるそうです。
 カフェ限定のグッズもありますので、買い物も楽しんでしまいましょう。


【セガコラボカフェ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル!】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田1-11-11 外神田1丁目ビルディング セガ秋葉原3号館 7F


セガコラボカフェ ぷちぐるラブライブ! 1回目

r2018033101b.jpg

 セガ秋葉原3号館で4月8日まで開催されているセガコラボカフェ、ぷちぐるラブライブ!へ行って参りました。
 ラブライブの寝そべりぬいぐるみと、それをテーマに制作されたスマホゲームのコラボカフェです。

r2018033102b.jpg

 ぷちぐるのゲームをプレイされていなくても、ラブライブがお好きなら楽しめるお店です。
 ぷちぐるのツイッター公式アカウントをフォローしている(ゲームを遊んでなくてもOKだそうです)と会計時にポストカードが貰えるので、予めフォローされておくと良いと思います。

r2018033103b.jpg

 店内な衣装はこのぬいぐるみも含め非常に華やか。
 黒板やコルクボードなど、学園風と言うか学園祭をイメージしたような内装になっています。
 他の店員さんやお客様、撮影禁止の場所以外では撮影が可能なので、SNSでも紹介しやすいですね。

r2018033104b.jpg
μ'sパフェ(1000円)

 それでは、さっそくコラボメニューに挑戦してみましょう。

 まずはμ'sをイメージしたパフェをオーダー。
 イチゴをベースにした華やかなパフェです。
 美味しかったのですが涼しい雨の日に訪問した事もあって、夏にもう一度食べてみたいなあという印象でした。

r2018033105b.jpg
東條希(600円)

 ルフィドニア原作者の推しキャラ、東條希をイメージしたドリンクも注文。
 シンボルカラーが紫なので、グレープをベースにしたドリンクです。
 期間中に楽しめるドリンクはμ'sのメンバーをイメージした物なので、前作の『ラブライブ』がお好きな人も楽しめるのがポイントです。

 店内に流れるμ'sの歌を聞きながら楽しむドリンクも素晴らしいですよ。

r2018033106b.jpg

 特典でもらえたコースターは小泉花陽でしたが、近くにいた方からの要望で東條希の物と交換する事になりました。
 ありがたい事で、持つべきものはラブライブファンですね。 

 周りを見ていると結構ファン同士で交換をされているようなので、利用される方はトレードをもちかけてみてはいかがでしょう?
(金銭を伴うトレードは禁止されています)


【セガコラボカフェ ぷちぐるラブライブ!】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田1-11-11 外神田1丁目ビルディング セガ秋葉原3号館 7F


名古屋ロングスカートメイド喫茶

r2017110401.jpg

 11月3日から5日まで、池袋のワンダーパーラーさんが企画したイベント「名古屋ロングスカートメイド喫茶」が、渋谷で開催されています。
 当店は初日の3日にお邪魔致しました。

 会場は渋谷のオシャレなビルにある朝日新聞社メディアラボ渋谷分室。
 朝日新聞社さん、メイドさんイベントに会場を貸してくださってグッジョブです!

r2017110402.jpg

 イベントのチャージ料は1500円で、紅茶がセットで付いてきます。

 また公開禁止と言う事で紹介は出来ませんが、会場内には愛知県のメイドカフェについての資料がギッシリと展示されています。
 中にはポイントカードやお店のスケッチなど、ただただ驚愕するばかりの高い濃度の資料も。

r2017110403.jpg
キューバサンドイッチ(900円)

 この日は現役・卒業が入りまじってメイドさんが接客を担当。
 シークレットチェンバーやメイリーフ、パレットメイドなど、愛知県の老舗メイドカフェの店員さんが頑張られていました。

 ただやはり初日と言う事で不慣れなのか、メニューが来なかったり伝票にはまだ提供されてないサンドイッチが提供済みになっていたりと大混乱。
 メイドカフェは経験とチームワークがモノを言う業種なのでしょう。

r2017110404.jpg
お絵かきケーキ(800円)

 こちらのお絵かきケーキは、
「今、絵を描くチョコソースを持ってきますね」
 と言ったまま、メイドさんは10分以上経っても戻られませんでした。

 もしかしたら新鮮なチョコを提供されようとガーナあたりでカカオを収穫したものの、成田空港の検疫で足止めされているのかもしれません。

r2017110405.jpg

 別のメイドさんに声をかけたらすぐに対応してくださいました!
 ありがたいご対応です。
 
 お絵かきの無いお絵かきケーキなんて、クリープの無いコーヒーみたいなものですからね。

r2017110406.jpg

 なお、その後はメイドカフェのトークセッションがスタート。
 初日はメイドカフェ巡りを趣味とされている、たかとらさん、ベールさん、まっきーさん、あやみさんによる、非常に濃度の高い愛知県メイドカフェトークが繰り広げられました。

 このメンバーもそうですが、お客さんも含めて、非常にレベルの高い方ばかり。
 私なんぞは末席を汚すのがやっとでございました。

 イベントは5日まで開催されています。
 ご興味がある方は是非とも足を運ばれてみてください。

 

【名古屋ロングスカートメイド喫茶】
 公式サイト
 住所:東京都渋谷区神宮前6-19-21 朝日新聞社メディアラボ渋谷分室