FC2ブログ











C96 ありがとうございました!

r2019081201.jpg

 8月11日のコミックマーケット3日目、皆さんお疲れ様でした。

 当日は当店の元締であるオオバン書店もサークルで参加。
 多くの人にご来店くださり、終わってみたらコミケに用意した分は完売。
 次のイベントに用意していた分も少し売れるという結果に。

 またテキトーに持ってきたバックナンバー福袋も完売し、イベントは大成功と言っても良いでしょう。
 もうちょっと持ってくれば良かったですね~などと欲深な事も思いつつ。

 我が元締は段ボール1箱分軽くなったカートを引き、フィンランド民謡を歌いつつ軽やかに帰宅したようです。

 それもこれも、会場にお越しくださったみなさん、宣伝にご協力いただいたみなさん、制作にご助力いただいた作家さん。
 なにより、多くのお店で親切にして下ったメイドさん、すべての『みなさん』のおかげです。

 どうもありがとうございました!

スポンサーサイト
[ 2019/08/12 20:39 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

コミックマーケット95 同人誌紹介 Part.2

 12月31日のコミックマーケット95で購入した同人誌特集、後半戦です。

r2019011401.jpg
メイド喫茶でランデブー15(純情キャリコ)

 メイドカフェやコンセプトカフェの制服やレポートを扱っている、今回で15巻目となる同人誌です。
 このシリーズでは毎回新しいお店を中心に、可愛い制服イラストや鋭いコメントが紹介されていますが、今回は香川のメイドカフェ『茶々娘』さんへ弾丸で訪問されたようです。
 
 KNK、前にお邪魔した時は期間限定のメニューかと思いましたが、今はレギュラー化されたのですね。

r2019011402.jpg
メイド喫茶メモワール Vol.III(mode of maid)

 メイド喫茶をテーマにした同人誌です。
 シリーズ通じてあまり内容を絞らず多くのコーナーを用意される作品で、今号ではメイドカフェのレポートの他、ふわふわな動物系耳アクセサリークリエイターさんのインタビューが収録されています。メイドカフェのレポート自体も大坂、名古屋、東京、富山と非常に広いエリアを取り扱われており、当店もこれを参考にメイドカフェ訪問をしたくなってきました。
 レイアウトも非常に綺麗ですね。

r2019011403.jpg
台湾萌え旅(コンカフェ超党派)

 メイドカフェを求めて旅をされているコンカフェ超党派さんの新刊は、台湾のメイドカフェの特集本です。
 台湾と言えば台北のお店が有名ですが、本書はほとんど台湾全域をカバーされておられます。
 全編カラーで外観やメニュー、地図が見やすくて非常にわかりやすい構成です。

 日本で販売されている台湾のメイドカフェ本の中では、一番細かいガイドブックではないでしょうか。 

r2019011404.jpg
広島メイドカフェトラベルブック(まっきーのメイドバーレポート)

 広島の旅行記とメイドカフェレポートを合体させたような、当店が好きなタイプの同人誌です。
 なんでも候補地候補を色々決めて、ガチャの結果で広島になったそうで。
 おかげさまで初めて知るお店ばかりで、読んでいて楽しかったです。

 本書に限らず、今回の冬コミは名古屋と広島方面のレポート本に「これだ!」という物がたくさんあったように思います。

r2019011406.jpg
日本酒の飲めるメイドさんのお店(じゅん)

 日本酒が飲めるメイドカフェを特集した同人誌です。
 私自身下戸なのですが、こちらのサークルさんの本はフルカラーでお料理やお酒の画像が紹介されているので、眺めているだけで楽しいです。

 紹介店舗は9店。
 東京、大阪、埼玉、新潟と、カバーしているエリアはかなり広め。
 やはりお米の名産地である新潟のメイドカフェは、美味しい日本酒が置いてあるのでしょうね。

r2019011405.jpg
The Next Generation Maidcafe(メイドカフェネイティブ)

 今回もっとも面白かった1冊は、こちらの『The Next Generation Maidcafe』でした。
 作者は浅野慎平さん。
 フルネームでは存じませんでしたが、日頃からあさしんさんと呼ばれておられる、名古屋のメイドカフェ『Palette Maidcafe』の経営者さんです。
 当店は渋谷で開催されたロングスカートメイドのイベントでお見かけしたり、実際にお店で少しお話を伺ったりした記憶があります。

 メイドカフェに関する本は大抵は私のようなメイドカフェファンや、あるいはメイドさん(現役/引退共)が制作されることがほとんどなので、現役の経営者さんが本を作られる事はそれだけでも貴重な同人誌です。加えて読みやすい文章と丁寧な説明で非常にわかりやすい作品です。

 私はあくまでもお客さん側なので、経営者側の意見は新鮮に感じることが多く、
「なるほど!」
 と頷く箇所ばかりでした。
 メイドカフェのルールについての項目などは、良いと思った文章に線を引いていったら真っ黒になってしまった事でしょう。

 同人誌というカテゴリに収めてしまうのは、もったいない素晴らしい一冊でした。

[ 2019/01/14 09:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

コミックマーケット95 同人誌紹介 Part.1

 12月31日のコミックマーケット95で購入した同人誌を紹介します。
 こちらではメイドカフェ方面の本を紹介し、それ以外の秋葉原をテーマにした本などは本店で来週中に紹介される予定です。
 本日と明日で、2記事にわたり紹介いたします。

r2019011301.jpg
ザ・同人メイド喫茶評論本 11(M.A.I.D.)

 まずは毎回多くの作家さんが寄稿されている評論本。
 M.A.I.D.さんの『ザ・同人メイド喫茶評論本 11』です。

 今回はなんと8人の作家さんが寄稿されており、総ページ数は64P。
 コピー本としては信じられないほどの濃縮したボリュームです。
 作家さんの数が多い分、色々な個性の作品が楽しめてとてもお得感がありました。

 当店的には七瀬ゆゆさん、でこぴんさん、ゆんさんの作品が好きで、とりわけゆんさんのメイドカフェの楽しみ方が非常に紳士的(≒お嬢様的)で、私も学ばなければならない点が多々ありました。

r2019011302.jpg
かわいい制服を探して 2018冬 メイド喫茶編1(わきあいあい)

 メイドカフェ・コンセプトカフェを含め可愛い制服をテーマに活動されている、わきあいあいさん。
 新刊はメイド喫茶の可愛い制服が収録されたイラスト集です。
 時系列は比較的新しいお店からJAMさんなどの昔ながらのお店まで。エリアは東京、名古屋、大阪と、広範囲にわたって紹介されています。
 
 本書に限らず、2018年の冬コミでは名古屋や広島のメイドカフェをテーマにした本を多く見かけました。

r2019011303.jpg
メイド喫茶 M's Melody制服本 2002~2018(わきあいあい)

 こちらはC94(2018年夏コミ)の作品ですが、夏コミでは購入できなかったので今回入手しました。
 昨年閉店された名古屋の老舗メイドカフェ、エムズメロディ(略してエムメロ)の制服イラストが収録されたコピー誌です。
 エムメロで採用された制服12種類が紹介されています。

 描きも描かれたり、これほどまでにメイドカフェ1店舗の制服について描かれた同人誌を、他に知りません。
 どれも可愛い制服で、今考えても何故このお店が無くなったのだろうと不思議でならないくらいです。

 制服紹介の他に後半に紹介されているお店の歴史も、遠征組としては貴重な情報ばかり。
 エムメロファンは是非押さえておきたい作品です。

r2019011304.jpg
名古屋 メイドカフェデータブック2019(名古屋メイドカフェコンプリートナビ)

 名古屋にあるメイドカフェやコンセプトカフェのデータブック。
 お店のコンセプトや料金、地図など、名古屋エリアのメイドカフェに立ち寄る際に重宝します。
 コンカフェは営業時間を調べる事が出来ないケースもあるので、営業時間が記載されているのは旅行者にはありがたいです。
 当店も名古屋のお店のシステムが調べられず(公式サイトが無い事もあるので)、お店の前を素通りしたこともありますので。

 閉店したお店についてのコメントもされており、名古屋のコンカフェに対する愛を感じますね。

r2019011305.jpg
MaidCafePortal Z(メイドカフェネイティブ)

 メイドカフェ情報サイト、メイドカフェポータルZさんが制作された同人誌。
 東京、名古屋、広島のメイドカフェの紹介とコラム、インタビューが収録されています。

 メイドカフェポータルZさんは日頃当店もお邪魔しているサイトなので、同人誌を制作されたという話を聞いて密かに心躍らせていました。
 私もこの業界では新参者ですが、こうやってイベントに参加されるメイドカフェサークルさんが増えるのは非常に嬉しいですね。

 今回の新刊も面白かったので、是非とも次回作を出していただけたらなと思います。

r2019011306.jpg
リルフェアリーと行くコンセプトカフェ 7(fancy cafe reporters)

 ドール『リルフェアリー』と共にコンセプトカフェを紹介するレポート系同人誌。
 美味しそうな料理と可愛いリルフェアリーの写真が、たくさん紹介されています。
 行ったことのないお店も多いので、次回秋葉原訪問の参考にさせて頂きましょう。

 カラーページを非常に活用されておられる為、料理のおいしさがこちらにも伝わってきますね。
 これは白黒同人誌ではできない、小回りの利くコピー誌の魅力の一つだと思います。


[ 2019/01/13 09:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

2019年初詣 神田明神痛絵馬紀行

r2019010201.jpg

 あけましておめでとうございます!
 ルフィドニア恒例行事(?)の、神田明神さんへの訪問レポートでございます。

r2019010202.jpg

 昨年12月には文化交流館が開館し、ますます賑やかになる神田明神。
 紅白にも出場した「ラブライブ・サンシャイン」のメンバー、Aqoursの絵馬が奉納されています。

r2019010203.jpg

 もちろんプロアマ問わず毎年奉納される、可愛いイラストの描かれた絵馬『痛絵馬』は今年も楽しめます。
 文化交流館の会館で場所が変更になったのか、絵馬を奉納する場所が少しわかりにくい所にありますのでご注意ください。

r2019010204.jpg

 絵馬のジャンルは様々ですが、やはり人気なのがラブライブシリーズ。
 1月4日に映画も封切される『ラブライブ・サンシャイン』のイラストがテーマになっていることが多いようです。

r2019010205.jpg

 それと同じく、前作にあたる『ラブライブ』のキャラクターの絵馬も見かけます。
 この絵馬に描かれている東條希というキャラは神田明神でバイトをしているという設定でしたので、特に描かれる事が多いようです。

r2019010206.jpg

 プロの漫画家さんの絵馬も沢山あります。
 こちらは『ばくおん!!』のおりもとみまな先生の絵馬。
 当店の原作者はSUZUKI好き、先生の作品でいう所の鈴菌感染者なので、いつも楽しく読ませていただいております。

 それではその他の作品を紹介致します。

r2019010207.jpg


r2019010208.jpg


r2019010209.jpg


r2019010210.jpg


r2019010211.jpg


r2019010212.jpg


r2019010213.jpg

 痛絵馬に描かれているお願いは、プロのイラストレーターさんであればお仕事に関するものが多く、アマチュアの方であれば好きな作品の益々の発展や作品愛について書かれているのを見かけます。
 その中でも割と多いのが、『画力向上』とあるもの。
 
「今のままでも素敵で可愛いと思いますよ!」
 と絵馬を見るために思うのでした。



[ 2019/01/02 09:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

本年もよろしくお願いいたします

 日頃当店にお越しくださっている皆様。
 あけましておめでとうございます。

 昨年は大変お世話になりました。
 おかげさまで、2018年も素晴らしい1年でありました。
 
 本年もよろしくお願いいたします。

[ 2019/01/01 17:38 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)