FC2ブログ











秋コレ12で買ったオススメ同人誌

 9月22日の秋コレで当サークルへお越し下さった皆様、ありがとうございました。
 当店はオオバン書店としてサークル参加を致しましたが、お客としても良い本を入手致しました。
 せっかくですので、こちらで紹介したいと思います。

r2019100502.jpg
この社会主義グルメがすごい! Vol.6 日本とソ連の蜜月編(プロイェクト・オスト)

 ソ連の歴史と共に、当時の食生活を研究されている同人誌と言えばいいのでしょうか。
 Vol.6の特集は『蟹』で、ソビエトのカニにまつわる歴史やメニューが紹介されています。
 チョウザメについての記事も数ページありました。

 歴史的背景もありますが、ソ連のカニの食べ方は日本人から見るとなかなかになかなかです。
 札幌のカニ市場の人が読んだら、もったいないと思うでしょうね。

r2019100501.jpg
神田祭 '19(秋葉エンヂニアリング)

 今年行われた神田祭を扱ったフルカラー写真集です。
 横長のページを見開きにされるなど、臨場感のある写真が掲載されています。

 写真自体が綺麗な上、祭に参加されている方の生き生きとした表情がしっかり撮影されており、カメラ好きとしても学ぶべき点が多々ある作品です。

「この品質の同人誌がこんな手軽な料金で手に入って良いのでしょうか?」
 と、読む方が恐縮してしまう程の素晴らしい一冊ですね。

r2019100503.jpg
shall we horse?(化け猫メイド倶楽部)

 さあ、今回一番の問題作の登場でございます。
 
 おそらくは実際にメイドカフェでメイドをされた方も多いであろう美女グループ。
 彼女たちがなんと……馬の面をつけて好き勝手にしている写真集です。

 馬女さん達は例のプールや公園、温泉、宴会、そしてパジャマパーティに繰り出します。
 どこの馬の骨というのはありますが、馬の面というのは大変珍しく、そしてシュールです。

 ええとですね。
 見ず知らずの女性の皆さんにこういうのは失礼かもしれませんが。
 
「何やってんですか!?」

 と笑ってツッコみたくなる内容です。
 カジノのシーンのお札とかも良く見ると肖像が馬面になっており、
「なんでそんな所も全力なのですか!?」
 と重ねてツッコミを入れたくなる内容です。

 ただし読んでいてなんとなく元気が出て癒されます。
 当店のノリがお好きな方には、きっと楽しめる事請け合いですよ。
  

 
 本日は秋コレで購入した素敵な同人誌をいくつか紹介してみました。
 同人誌イベントやショップでのお買い物の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト



[ 2019/10/05 09:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

秋コレに参加してきました

r2019092201.jpg

 秋葉原UDXで開催された第12回秋コレへサークル側として行ってきました、

 残念ながらこちらのイベントのお客様はコミケと比べると見て回るのが好きらしく、残念ながらそれほど売れる事はありませんでした。

 とはいえ両隣のサークルさんが非常に良い方で、過ごすのに不便が無かったようにも思います。

[ 2019/09/22 21:39 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

C96 秋葉原&メイドカフェ系 新刊紹介 Part.5

 2019年夏のコミックマーケット(C96)で購入した本特集です。
 最終回となるパート5では、17冊目から19冊目の秋葉原をテーマにした本を紹介します。

201908C9617.jpg
アキバ暮らしを楽しむ本 2019年08月特別号(くぬぎやま通信社)

 秋葉原で生活するうえで必要な情報を紹介されているシリーズものの同人誌。
 今回は冬コミの正式エディションに向けて中間発表的な特別号を頒布されました。

 ハレの日に遊びに行く秋葉原という街にも住まわれている方がおり、ケの日を過ごされているという事。
 そして秋葉原にお住まいの方の為のお店も思った以上にあるという事。
 本シリーズを読むたびに実感する、生活の吐息が聞こえる一冊です。

 歩いて行ける距離にスーパーも100均ショップもドンキもユニクロもクリーニング店もある秋葉原は、ひょっとしたら想像以上に住みやすい街なのかも。

201908C9618.jpg
家族で楽しむ 秋葉原の子鉄スポット(あきばよめ)

 秋葉原には多くの鉄道会社が連絡しており、非常に多彩な車両が見られます。
 かつて鉄道博物館があったこの地は、博物館が移転した現在でもお子様を連れて楽しめる鉄道スポットになっているとか。
 本書はそんな子供を連れての電車鑑賞を特集した一冊となっています。

 電車が見られるスポットはもちろん、お子様と利用できるトイレやベビー休憩所のマップ、「どこに行けばどんな電車が見られるか」の表、各スポットで見られる電車の種類まで、車両の解説など、内容は盛りだくさん。
 天気によってオススメのコースを分けられており、ガイドブックとしては完璧でしょう。

 子鉄(鉄道が好きな子供)だけでなく、一般の方が読んでも楽しめる作品だと思います。
 外国人観光客の方にアキバ散策のついでに案内、みたいな活用法も出来そうですね。

201908C9619.jpg
広域秋葉原作戦(「広域秋葉原作戦会議」プロジェクト)

 一言で魅力を説明するのが難しい本です。

 過去の秋葉原、現代の秋葉原、未来の秋葉原。
 歴史に詳しい方、メディアに詳しい方、萌え萌えカルチャーに詳しい方、それぞれが対談やコラムを書いておられる『秋葉原に関する知識を集約させたもの』というのが、本書の表現としては適切でしょうか。

 インターネットで3時間秋葉原について調べたとしても、この本を1時間読んだ内容より充実した物は得られないでしょう。
 紙メディアの情報量の濃さに、改めて気づかされました。

 私個人の感想として、山本博義さんの話はこの本を買って本当に良かったと思える内容でした。
 山本さんのお父様である長蔵さんは電気街の誕生に大きく携わった方だけに、ご家族を通して生の話を聞けたのは大きな収穫です。

 大きなサイズの本なので私は寝る前に読むスタイルにしていました。
 おかげさまで、読了するまで毎晩寝る前が楽しみでしたね。



 以上で、2019年夏コミ(C96)の新刊レポートは終了です。
 令和最初のコミケは出す方も読む方も充実した物でした。

[ 2019/09/06 09:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

C96 秋葉原&メイドカフェ系 新刊紹介 Part.4

 2019年夏のコミックマーケット(C96)で購入した本特集です。
 パート4では、13冊目から16冊目の本を紹介致します。
 メイドカフェ関連の本の紹介は、これで全部となります。

201908C9613.jpg
メイド喫茶メモワール Vol.IV(-mode of maid-)

 メイドカフェやメイドカフェの文化をテーマとし、毎回様々な内容で楽しませてくれるシリーズの同人誌です。
 4作目となる今回の特集はめいどりーみんのファンによる熱き思い出が語られていました。

 また誕生日に楽しめるメイドカフェのサービスや。大阪日本橋、名古屋大須のエリアのメイドカフェが紹介されています。
 誕生日サービスは本当によくまわられており、これほど誕生日を楽しまれるご主人様お嬢様はそうそういないでしょう。
 この部分だけ切り取っても、特集で本が出来るほどの情報量ですね。

201908C9614.jpg
メイドリフレ学習帳 第二部(DREAM DRUNKER)

 当店でもお世話になっているメイドリフレ、フェリシー(Felicie)さんのファンの方が描かれた同人誌。
 一言でいえば、奇妙なクソ世紀末伝といったところでしょうか。
 フリーダムな漫画を挟むようにメイドさんへの真面目なインタビュー記事が収録されており、なんか色々と凄くて読み応えのある本です。

 複数の意味で、フェリシーさんのファンなら必読ですね。

201908C9615.jpg
萌え旅 2019年度版(コンカフェ超党派)

 日本全国を巡り制作されたガイドブック。
 全国のメイドカフェが紹介されています。

 ……と言葉では簡単に説明できますが、言葉の重みは相当なもの。
 どのエリアも地図いっぱいに店舗が書かれており、店舗リストから気合を感じます。
 北海道から沖縄まで網羅されたメイドカフェ本はそうそう見かけません。

 言葉では上手く説明できないので、是非ともお手に取ってください。
 思わず「スゴイ!」となりますので。

201908C9616.jpg
Melodies(猫目石のゆめ。)

 かつて大須に存在した名店『エムズメロディ』の思い出を語る本。
 と軽く説明するのが恐縮してしまうほど、内容はギッシリ。

 制服データ、インテリア、年表、用語集、サービス内容に加え、元メイドさん達のアンケートまで内容が盛り沢山。
 これだけの濃度の物は、お客さんの側ではとても作れない事でしょう。

 エムメロのファンはもちろん、メイドカフェの資料を集められている方にもオススメできる一冊です。

[ 2019/09/05 21:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

C96 秋葉原&メイドカフェ系 新刊紹介 Part.3

 2019年夏のコミックマーケット(C96)で購入した本特集です。
 パート3では、9冊目から12冊目の本を紹介致します。

201908C9609.jpg
メイドさん落書き本2(わきあいあい)

 メイドスキーな作家であられる、せちさんのイラスト本。
 ロングスカートが多めとなっております。
 e-maidさんの制服が好きな当店としては有難い限りです。

 今回はメイドカフェ以外の、純喫茶の制服なども描かれています。
 これを読んで色々と行きたいお店はあったのですが、8月中旬の旅行では台風で休みのお店が多く残念でした。

201908C9610.jpg
メイド喫茶オタク徹夜で語る合宿 2019(メイドカフェネイティブ)

 メイドカフェ及びメイドリフレの歴戦の戦士が集まり、各テーマについて語るトーク系同人誌です。
 座談会系、という表現が適切でしょうか。
 参加されているメンバーの経歴および知識が非常に濃く深いので、メイドカフェが好きな方であるほど面白い本だと思います。
 合宿メンバーほどの経験をされている方は、そうそういないでしょうからね。

201908C9611.jpg
メイド喫茶でランデブー16(純情キャリコ)

 C96ではお隣のサークルさんだったベテランサークル、純情キャリコさん。
 今回の新刊では宮崎、広島、静岡のお店を紹介されています。
 どれも良いお店ですが、やはり気になるのは広島エリア。
 当店が広島へ行った時にはたまたまメイドカフェ不作時代だった為、どこにも行かなかったのですよ。

 漫画もイラストも可愛いので、ただ眺めているだけでも面白い&あげ潮食べたい作品でした。

 そして表紙のモデルさんがとても可愛い!

201908C9612.jpg
クロニクル オブ メイド喫茶でランデブー 2006-2019(純情キャリコ)

 ひとつ前に紹介した純情キャリコさんの過去の作品の総集編です。

 14年という、超老舗サークルさんの総集編ですから、見どころは沢山。
 すでに無くなったお店のデータも掲載されており、非常に懐かしいです。
 内容量は濃く、1ページに2ページ分を詰め込んだ箇所もあり、読み所も満載です。

 こちらのサークルさんは視点がシャープと言いますが、非常に鋭い所をよく見られていらっしゃるので、
「なるほど、こういう見方があるのか」
 と、割とメイドカフェ慣れをしている方が読んでも新たな気付きがあると思います。

[ 2019/08/30 21:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)