FC2ブログ











MonsterParty 1回目

r2018092401.jpg

 みなさんは「人外」にと呼ばれる方々に興味はありますか?
 人間ではないもの、という意味ですが、主に獣キャラや悪魔キャラなどがそれらに該当します。

 この日お邪魔したモンスターパーティさんもそんな人外ウェイトレスをテーマにしたコンセプトカフェです。
 こちらは人外の中でも「一つ目」をテーマにされているようですね。

r2018092402.jpg

 写真だけを見ると少し怖い感じもしますが、普通の美少女着ぐるみと違い、こちらの着ぐるみさんは普通に会話をされます。
 サポートスタッフもなく、着ぐるみさんが接客から調理までやられているようです。器用ですね。

r2018092403.jpg
もなかドリンク(900円 チャージ料500円別途)

 メニューの写真とはやや違いますが、これも愛嬌ということで。
 もなかドリンクのメインは牛乳で、中にコーヒーゼリーが入っているのでしょうか。
 ドリンクとデザートを兼ねた、不思議なメニューでした。

 ウェイトレスさんは基本的に普通に話されているので特にコミュニケーションに困ることは無いでしょう。
 みなさん元気で明るいので、雰囲気としては明るく楽しいものでした。

 内装や世界観が受け入れられる方なら、ちょっと前衛的な着ぐるみカフェとして楽しめるお店ではないでしょうか。
 

店舗情報
MonsterParty
住所:東京都千代田区外神田6-16-3-401


スポンサーサイト

LittleBSD 1回目

r2018092301.jpg

 メイドカフェレポートが本店から独立してから、初の来店となりますでしょうか。
 調べてみたら前のレポートが、2005年。
 13年ぶりの訪問となります。

 お邪魔したLittleBSDさんはコスプレ居酒屋です。
 小悪魔と呼ばれている店員さんはお店の制服である小悪魔衣装かオリジナル、または版権物のコスプレ衣装を着ます。
 レギュラーメニューでチェキはない(ポイントカードの特典として用意されています)代わりに、小悪魔さんに許可をもらえば、スマホやデジカメで小悪魔さんの撮影ができます。

 今まで行かなかった理由は、営業時間と私の行動時間が合わなかっただけで、お店自体は素晴らしいんですよ。
 いつか本店でもメイドカフェ本を出すときには紹介しないとと思い、今回改めてお邪魔致しました。

r2018092302.jpg
巨人族(ギガンテス)コロッケ(972円)

 まず頼んだのは、今まで来なかった間に名物となっていた巨人族コロッケ。
 この日はスマホゲーム「マギアレコード」のコラボメニューだったので、マギア・コロッケとなっていました。
 
 巨人族と名付けられているだけあって、なんと長さが18cmあります。 
 本当はグループでつまむものなんでしょうね。

 もちろん一人で全部食べますけど。

r2018092303.jpg
小悪魔の錬成術(486円)

 お次はお店がオープンした頃からの人気メニュー、小悪魔の錬成術。
 いわゆる萌え萌えおにぎりです。

 秋葉原で一番最初にこのメニューを出したの、LittleBSDさんじゃないでしょうかね。

r2018092304.jpg
気まぐれピザ(648円)

 そしてこちらもおススメされていたので、頼んでみました。
 軽くつまむフードメニューのようです。

 基本的に当店の原作者は下戸なので、これらは全部ガッツリと頂きます。
 なので居酒屋さんへ一人で行っても、30分くらいで用が済んでしまいますね。
 ですがそんなガチメシなお客にも、ウェイトレスの小悪魔さん達はとても親切でした。
 ここの小悪魔さんのは、昔から明るく優しい方ばかりなのですよね。

 ちなみに、これらフードと小悪魔が目の前でオレンジなんかをしぼってくれるドリンクを注文して、チャージ料含めて総額は3100円くらいでした。
 好きに飲み食いしてこの金額で済んでしまうなんて、下手なメイドカフェよりよっぽどリーズナブルですね。

店舗情報
秋葉原のコスプレ居酒屋 LittleBSD
住所:東京都千代田区外神田3-7-12イサミヤ第8ビル 4F


スープカレー カムイ 80回目

r2018091701.jpg
ポーク野菜カレー + カボチャ2種類(1240円)

 夏バテに負けないように、カムイさんへ行って参りました。

 実は当日の朝から公式ツイッターでアピールされていたトッピング『バターナッツかぼちゃ』が気になりまして。
 是非とも食べてみたくなり、普通のかぼちゃとセットでトッピングに加えてもらいました。
 おそらくバターナッツかぼちゃなる野菜は初めて食べたと思われます。
(写真上部にある真ん丸にスライスされたものがバターナッツかぼちゃです)

 同じカボチャという名前でも、食べ比べてみると随分違いがあります。
 普通のかぼちゃはほっこりとした甘さ。
 バターナッツかぼちゃはねっとりとした甘さ。
 
 最近流行っているしっとりとした焼き芋に似た食感でした。
 単品でもスイーツになりそうな甘さですね。

 スープカレートッピング界において、期待の伏兵となってくれそうです。

店舗情報
札幌スープカレーの店 カムイ
住所:東京都千代田区神田須田町2-12-5


にゃんぽんたん 2回目

r2018091601.jpg

 仙台特集パート2です。
 仙台地下鉄を利用して、ストロベリーさんのあった国分町から仙台駅前へ。

r2018091602.jpg

 仙台は歴史ある文化財から賑やかな繁華街まで、バランス良く揃っているというイメージがあります。

r2018091603.jpg

 本日の目的地は3年前に初来店した仙台メイドカフェ、にゃんぽんたんさん。
 珍しいインスタントラーメンが食べられるお店です。
 店内は撮影に適した照明ではないので、今回は看板だけ。
 
r2018091604.jpg

 前回もそうでしたが、壁に並んでいる珍しいインスタントラーメンはディスプレイ状態。
 夕方にお邪魔したのですが、おつまみ以外のフード類を頼んでいる方は誰もいません。

 ほとんど半分以上席が埋まっている賑やかな店内。
 お客さんの多くはドリンク&ご褒美ドリンク(メイドさんにごちそうするドリンク)を頼み、メイドさんとお話を頼んでいます。

r2018091605.jpg

 この前にお邪魔したストロベリーさんでもそうでしたが、仙台においてのメイドカフェというのは、ガールズバーの簡易版のようなもので、基本的にはメイドさんとお話を楽しむ業種のようです。
 秋葉原にあるガールズバー系カフェのようにカウンターがメインのお店ではなく、テーブルメインのお店で各テーブルにメイドさんが立っていたり、カラオケで歌ったり、とにかく賑やかなのは仙台メイドカフェの特徴でしょうか。
 ご褒美ドリンクには「お礼のカラオケ1曲」か「お礼のメッセージカード」のどちらかが選べるそうなので、こちらも随分カラオケマシンが稼働していました。

 メイドカフェと一言で言っても、地方によって色々な形態があるのですね。

店舗情報
にゃんぽんたん
住所:宮城県仙台市青葉区中央4-1-3 プレイビル2F


メイドカフェ&bar ストロベリー 1回目

r2018091501.jpg

 本店の旅行で、青森県弘前市へ行って参りました。
 
r2018091502.jpg

 当店はメイドカフェサイトなので、弘前の目的地を少しだけ紹介。
 現存天守のうちのひとつ、弘前城です。
 石垣の改修工事の為、天守は移動させています。

 移築とかではなく、ジャッキで天守ごと移動させているのがすごいですよね。
 石垣の無いお城の違和感もまた面白いです。

r2018091503.jpg

 というわけで、この日の宿がある仙台へ。
 弘前にはメイドカフェが無いため、こちらまで移動して夕食を食べることにしました。
 
 こちらは青葉区国分町。
 仙台の繁華街のひとつで、綺麗なお姉さんが沢山いるエリアです。
 今回お邪魔したストロベリーさんのあるビルもそういうお店で、過激さで言ったらビルの中ではこのお店がもっともおとなしめかもしれません。

 店内はカウンターが4席ほどと、低めのテーブルが奥の方にあります。
 カウンターでは2人ほどのメイドさんが料理やカウンターのお客さんの対応をし、テーブルではキャストさんがお客さんと一緒に座って接客されていました。

 元ガールズバーだったそうで、カラオケも完備。
 秋葉原にあるメイドカフェとは違い、カラオケがインテリアではなくガンガン稼働しています。
 非常ににぎやかな店内ですね。

r2018091504.jpg
ご新規限定セット 2000円

 初来店のご主人様にオススメ、というお話だったので、ご新規限定セットを注文。

・チャージ
・ドリンク2杯
・フード1点
・チェキ


 これでなんと2000円という価格設定。
 初回限定とはいえ、秋葉原だとチャージの無いお店でもここまで安くはありません。
 
 オムライスのイラストは『タヌキ』をリクエスト。
 可愛いですし、目がつながってないだけでも正解ということで。

 カウンターにある冷蔵庫から冷凍のオムライスや野菜が出てきたのはちょっと面白かったです。

 せっかくなのでメイドさんにご褒美ドリンクを提供。
 貴重な現地のお話を色々聞かせてくださいました。
 メイドカフェの立ち位置も場所によって様々ですね。


店舗情報
メイドカフェ&bar ストロベリー
住所:宮城県仙台市青葉区国分町2丁目1-9 大春ビル3F