FC2ブログ











茶々娘 4回目

r2018021101.jpg

 冬コミ新刊の納本も兼ねて、1月に西日本方面へ遠征に行って参りました。
 レポート1本目は香川県高松市にある茶々娘さん。
 お店についての詳細はC93新刊「MAIDEN SURVEY」の31ページをご覧ください。

 今回は大旦那さんから色々とお話を伺いました。
 地方のメイドカフェのお話は当店にとっても非常に貴重な情報ばかりで、大変参考になりました。

r2018021102.jpg
お絵かきオムライス(800円)

 メイドカフェへ行ったらやはり頼みたいのが、お絵かきオムライス。
 茶々娘さんはチャージがかからない上に+200円でドリンクセットもあるので、非常にオトク。
 卵焼きを巻く従来のタイプのオムライスも好みです。 

r2018021103.jpg
DSS(500円)

 ちょっとお腹に余裕があるので、香川名物讃岐うどんも食べてみましょう。
 1玉なので、お腹が空いている方は他のフードに加えてオーダーしても食べられるのではないかと思います。

 ちなみにDSSとは、大根すりすりの意味だそうで。
 メイドさんが目の前でお絵かき・・・・・ではなく、目の前で大根おろしをすりおろしてくれるの光景は、秋葉原では見られません。
 香川へお越しの際には、メイドカフェで讃岐うどんというのも面白いと思いますよ。


【茶々娘】
 公式サイト
 住所:香川県高松市南新町8-39



スポンサーサイト

メイドカフェしゃるろっと 2回目

r2018011801.jpg

 岡山県へ行って参りました。
 岡山は多くの資料館やお城があり、旅をするのが楽しい県です。

r2018011802.jpg

 せっかく岡山に来たので、メイドカフェにも立ち寄っていきましょう。
 5年ぶりにお邪魔した、カフェシャルロットさんへ。

r2018011803.jpg

 当時と少し内装は変わりましたが、ゲームコーナーがあるのは以前と同じ。
 お客さんからはヴィクトリア朝の世界ではなく、現地のコミュニティスペースとして利用されているのがわかります。

 ですが、以降少し辛口の評価が続きます。
 気になる方はこれからの文章を読まずに、ページを移動される事をオススメします。

r2018011804.jpg

 この日のお客さんは私だけで、メイドさんは2人。
 キッチンのメイドさんは重い風邪なのか、調理中でも物凄く咳き込まれていています。
 マスクをされているにせよ、ちょっと気になります。

 もう1人のメイドさんは私にまったく話しかけずに、まるで私が存在しないように過ごされています。
 帰る間際に入られてきた常連さんには気さくに話しかけられているので、お店としてお客さんに干渉しないのスタイルでもなさそうです。
 座っているカウンターの前でぼんやりTVを観ているメイドさんの前で黙々と食事をしなければいけないのは、辛いものがありました。

 メイドカフェ訪問歴の中で、これだけ居心地が悪かったお店もそうそうありません。
 前回訪問から5年の間で、何かあったのかもしれませんね。



【カフェ シャルロット】
 公式サイト
 住所:岡山県岡山市表町3丁目7-15 2F




Merry Maid Cafe+ 2回目

r2017021801.jpg

 愛媛県の宇和島へ行って参りました。
 宇和島の名所と言えば、現存天守である宇和島城。

 伊達政宗の息子、伊達秀宗が城主だったお城なので、伊達政宗ファンにもオススメの名所でございます。

r2017021802.jpg

 お城の中には政宗・秀宗親子の絵画も展示されています。

r2017021803.jpg

 宇和島から松山へ戻り、大通りを散策。
 買物を楽しんだ後は、昨年もお世話になったメイドカフェ、メリーメイドカフェさんにお邪魔しました。
 昨年にお邪魔した際はイベント中でセーラー服のメイドさんでしたので、今回初めてメイド服姿のウェイトレスさんを拝見できました。

r2017021804.jpg
半熟卵のオムライス(900円)

 早速オムライスを注文。
 チーズが入っているのでしょうか、非常に濃厚な玉子です。 

r2017021805.jpg
ホットケーキSP(700円)

 お腹に余裕もあったので、デザートもオーダー。
 ラスクに生クリームやアイスを付けるというのは珍しいですが、なかなか美味しい食べ方でした。


【Merry Maid Cafe+】
 公式サイト
 住所:愛媛県松山市千舟町5丁目1番地5 ワークビル5F



茶々娘 3回目

r2017020501.jpg

 今週と来週は、1月に出かけた四国の旅のレポートを報告致します。

 高知観光後は、香川県の宿に泊まる事になりました。
 瓦町へ泊まるのはこれで二回目。
 高松駅よりお店も多く、宿泊されるならこちらがオススメです。

r2017020502.jpg

 駅前商店街には茶々娘さんがあります。
 四国全体でも貴重な、老舗メイドカフェです。

 平日の夜でしたが、カウンターはすでに満席。
 アニソンの流れる店内、テーブル席でのんびりと過ごします。

r2017020503.jpg
お絵かきオムライス(800円)

 高知で食事をしてから何も食べていなかったので、今回はガッツリと食べましょう。
 まずはメイドカフェメニューの代名詞、お絵かきオムライス。

 しっかり作られているオムライスなのに、お手軽な価格で楽しめるのが嬉しいですね。

 そういえば、ここは讃岐うどんが食べられるメイドカフェとして有名なのですが。
『KNK』なるデザート系讃岐うどんが新メニューとして加わっている事を発見。

「KNKって、なんだと思います?」
「・・・・・・黒蜜でしょうか? ためしに1つお願いします。」

r2017020504.jpg
KNK(550円)

 ・・・・・・きな粉(KNK)でした!

 讃岐うどんにきな粉がまぶされて、黒蜜がかかってます。
 
 そして、これが割と相性の良い味でした。 
 ウッカリうどんのようにすすると黒蜜が服にかかって危険な事を除けば、美味しいデザートうどんです。

 小麦粉で練った物にきな粉と黒蜜をかけるような和菓子は、普通にありますからね。
 意外とイロモノじゃないのが面白かったです。


【茶々娘】
 公式サイト
 住所:香川県高松市南新町8-39



Merry Maid Cafe+ 1回目

r2016022801.jpg

 愛媛県の松山市へ行って参りました。
 現存12天守のうちの1つ、松山城がある『坊つちやん』の舞台です。

 坊つちやんって確か都会から来た主人公が地方の学校で意地の悪い先生たちと喧嘩をするようなストーリーだったような・・・・・・。

r2016022802.jpg

 ちょっと角度が急で見にくいですが、銀行の看板に水樹奈々さんが登場(出演?)されています。
 水樹さんは愛媛出身だそうです。

r2016022803.jpg

 四国遠征最後のメイドカフェは、松山市内にあるMerry Maid Cafe+ さん。
 今年の3月で10周年を迎える老舗メイドカフェです。

r2016022804.jpg

 最寄駅は伊予鉄市内電車の松山市駅でしょうか。
 大通りに面したビルにあります。

r2016022805.jpg

 店内は大きめのカウンターと、2人や4人のお客様が座れるテーブルが数卓。
 お客様の多くはカウンターに座り、メイドさんと歓談をされるのが基本スタイルのようです。
 また、カウンターの奥にはモニターがあり、DVDやゲームなども楽しめる様子。

 アニメやメイドさんが好きな愛媛の方々が集まる、コミュニティの役割を果たされているお店のようです。
 上の画像はそんな話をしてくださった、常連さんです。

r2016022806.jpg

 ラブプラスやラブライブ、東方などのアイテムが展示されています。
 中でもリラックマが人気のようです。

r2016022807.jpg

 注文方法はあまり他店では見かけない、自動券売機方式。
 慣れないお客さんにはメイドさんが付き添ってくださるので、セットメニューでの割引などわからない場合には教えていただくと良いでしょう。

r2016022808.jpg
半熟卵オムライス(900円)

 メイドカフェに来たら、やはり頼みたいのはオムライス。
 Merry Maid Cafe+さんのオムライスは、デミグラスソースのかかった、非常にレベルの高い一品です。

r2016022809.jpg
ホットカフェオレ(600円 フードとのセット割引有)

 セットメニューでオーダーしたカフェオレもとても良くできています。
 価格は食券でレシートが無いのであやふやですが、確かフードとセットで300円位だったと思います。
 チャージ料金も無く、お財布に優しいお店でした。

 そして特筆すべきはメイドさんの接客レベル。
 複数のお客さんに非常に心配りをされておられました。
 また、秋葉原のメイドカフェについての知識も豊富で、聞いていて感心する事ばかりでした。
 このレポートを書いている時点で、お世話になったメイドさんがすでに卒業されている事が残念ですね。



【Merry Maid Cafe+】
 公式サイト
 住所:愛媛県松山市千舟町5丁目1番地5 ワークビル5F