FC2ブログ











スープカレー カムイ 88回目

r2019111701.jpg

 昨日、16日は山手線や京浜東北線が工事の為に運休でした。
 ただ秋葉原はいつも通りの混雑ぶりで、観光客の方々は特に不便を感じなかったようです。

 私も普段通りにカムイさんへ到着。
 店頭の料理見本やメニュー表など、訪れるたびにわかりやすく便利になってますね。

r2019111702.jpg
チキン野菜カレー(990円)

 今回はチキン方面を充実したかったので、チキン野菜カレーをオーダー。
 チキンはもちろん、ナスやニンジン、ブロッコリーなど、野菜が美味しくいただけます。

r2019111703.jpg
マンゴーラッシー(300円)

 今回はデザート代わりにマンゴーラッシーもオーダーしました。
 大きめのコップになみなみと注がれており、これで300円とは超お買い得ですね。

 前の店舗ではなかった「デザート代わりの甘いもの」が充実するようになり、カムイさんへ益々通う楽しさが増えていると思います。


店舗情報
札幌スープカレーの店 カムイ
住所:東京都千代田区神田須田町2-3-24 KTビル1F


スポンサーサイト



JAM Akihabara 4回目

r2019111601.jpg

 およそ5カ月ぶりのJAM AKIHABARAさん。
 デザートを食べにお邪魔致しました。

r2019111602.jpg
チョコレートワッフル ドリンクセット(1200円)

 こちらが名物のひとつ、ワッフル。
 注文を受けてから作られるあつあつふわふわなワッフルに、チョコレートアイスとチョコレートソースが添えられています。
 焼立てを食べられるのですから、美味しいに決まっていますね。 

 JAMさんは休日でもドリンクセットがあり、価格的にも非常にお得。
 一軒目として利用するのはもちろん、コンセプトカフェのハシゴの候補店としてもオススメできるお店です。

 なお、この日のメイドさんは非常に感じがよく、テキパキと接客をされていて感銘を受けました。
 しかも名札を見ると新人さんの様子。
 新人さんの時点でこのレベルとは恐るべしですね。


店舗情報
JAM Akihabara
住所:東京都千代田区外神田3-2-13 山口ビル B1F


秋のコスプレDAY 2019

 11月は、ルフィドニア店内にてコスプレDAYを実施中。
 トップページバナーやツイッターのヘッダーにて、ウェイトレスのコスプレが見られます。

長谷川菜々美 フェリシアVer
長谷川菜々美 フェリシアバージョン

 今年のコスプレ担当は、中学生チームでオーナーの妹の長谷川菜々美(ななみ)。
 キャラクターは格闘ゲーム「ヴァンパイア」シリーズのフェリシアです。

 菜々美ちゃんは元々インファイト型の格闘家なので、フェリシアの衣装が似合うかも?というコンセプトでコスプレ衣装が決定しました。

 制作担当は、今年の年賀状(ミスティ)や昨年のスポーツの秋 DAY(ケイティ)を担当してくださった真咲一砂さんです。
 可愛い作品をありがとうございました。

[ 2019/11/15 09:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

ルフィドニア4コマ 第8話

lufidnia_008.jpg
【制作 れお太郎(pixiv)】




≪登場人物≫
岩崎遥
長谷川玲真
長谷川結菜
長谷川菜々美


[ 2019/11/14 09:00 ] 漫画 ルフィドニア | TB(0) | CM(0)

祝 ねんどろいど1000番

r2019111001.jpg

 本日10日まで、アキバCOギャラリー(千代田区外神田3-16-12)にて『ねんどろいど』シリーズ1000番記念展示会が開催されています。
 入場無料で1000体(ジオラマ展示もあるのでそれ以上)のねんどろいどが楽しめ、撮影も可能ですので、本日行ける方は足を運ばれてみてはいかがでしょう?

r2019111002.jpg

 記念すべきねんどろいど第1号は、ネコアルク。
 その後アニメ、ゲーム、実写など、多くのバリエーションを輩出し、記念すべき1000体目は初音ミクの冬バージョンです。

r2019111003.jpg

 人気作品の人気キャラクターがねんどろいど化するので、必然的にねんどろいどの歴史は大ヒットした作品の歴史となります。

 1番台から眺めているだけで、
「あ、この時はコレが流行ってたな」
 という楽しみ方もできます。

 ここまでバリエーションも多いと、お気に入りのキャラもきっと見つかる事でしょう。

r2019111004.jpg

 お手持ちのねんどろいどをジオラマに加えて撮影のできるコーナーなので、俺の嫁持参でも楽しめると思います。

r2019111005.jpg

 入り口には書き込みのできるコーナーもあり、
「下書き無しでこんなに綺麗な描きこみが!」
 と、驚くほど上手なイラストやファンの愛情を感じる事ができました。

[ 2019/11/10 09:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)