FC2ブログ











漫画版ルフィドニア 1話 藤姫物語

 ルフィドニアの漫画の更新時期になりました。
 今回は趣向を変え、実在する妖怪で現在は当店のウェイトレスとなっている藤姫ちゃんの物語を紹介。
 妖怪に実在も何もございませんが、手賀沼にこういうお話が伝わっているのだと知って頂ければ幸いです。

LufidniaDays_01.jpg
漫画 藤姫物語
制作:大ノ介


 作画は大ノ介さんが担当して下さいまいた。
 ありがとうございました。

スポンサーサイト



[ 2021/03/16 09:00 ] 漫画 漫画版ルフィドニア | TB(0) | CM(0)

御当地妖怪侍女之初御目見

Fujihime_maid01.jpg

 ルフィドニアに新人ウェイトレスが加入致しました。
 本日お披露目されるメイドは、藤姫(ふじひめ)です。

2021031501.jpg


 藤姫ちゃんは、元々手賀沼で活動していたいわゆるご当地妖怪さん
 偉いお坊さんが召喚した大ウナギに封印されていたのですが、手賀沼が日本一汚れている沼になってからはウナギも姿を消し封印がとけた事をきっかけに地上界にやってきました。
 どうやら空腹に耐えかね、たまたま近くにあったルフィドニアにやってきたようですね。
 
 まだまだ人間だった頃の価値観が残っておりお客様にはご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いします。
 
 藤姫のキャラクターデザインはtaoru様が担当して下さいました。
 メイドさんバージョンのイラストは夏時計様が担当して下さいました。
 ありがとうございました。

taoru様


[ 2021/03/15 09:00 ] ルフィドニア広報部 | TB(0) | CM(0)

アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ 3.9th Anniversary in AKIHABARA

r2021022801.jpg

 秋葉原(外神田3丁目)にあるアキバCOギャラリーさんにて、アイドルマスターのイベントが開催されていました。
「アイドルマスター ミリオンライブ」の周年記念イベントのようですが。
 3.9thというのが、アイマスらしいといえばアイマスらしいです。

r2021022802.jpg

 会場は入場無料。
 沢山のパネルが展示され、撮影可能場所が多くかなり自由に撮影ができます。
 また秋葉原エリアのいくつかの店舗が企画に参加されており、デジタルスタンプラリーを楽しまれている方もおられました。

r2021022803.jpg

 撮影はしませんでしたが、グッズコーナーも併設。
 一般的なグッズの他にスパークリングワインなども売られており、色々と「さすがバンナム!」と唸るラインナップでした。
 こういうノリの良さは、他の作品と比べるとアイマスは頭ひとつ抜けているなと思う次第です。

r2021022804.jpg


 ちなみに当日は熱を測って消毒をしてから入るというシステムでしたが、熱を測る装置がしっかり機能しておらず、スタッフもいなかった事から、かなりのお客さんが熱を測れずに会場に入られていました。
 諸事情で人手不足なのはわかりますが、これは後から色々と言われないかと心配ではあります。

会場情報
アキバCOギャラリー
住所:東京都千代田区外神田3-16-12 アキバCOビル 1F(地図)


[ 2021/02/28 09:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

Honey Honey 秋葉原店 50回目

r2021022701.jpg
Honeyオムライス(1043円)

 コロナ禍でお休みしていたハニーハニーさんのオムライスが復活していました。
 実際はかなり前に提供を再開されていたようです。

 というわけで今年の初オムライスはハニハニさんのHoneyオムライスとなりました。

 こちらはドリンクとセットで1263円と、メイドカフェ界でもトップクラスのお手頃価格。
 味も今まで通り美味しいですし、今まで通り秋葉原エリアでのオムライス首位争いに参加できる事でしょう。

店舗情報
HoneyHoney 秋葉原店
住所:東京都千代田区外神田3-7-12 イサミヤ第8ビル2F(地図)


お店を知ってもらいましょう

 系列店や経験者が経営されるメイドカフェが増えた事で珍しくなりましたが、まだまだ減りません。
 公式サイトの無いお店のセールスPRの事です。

 SNSで分かるのはお店の名前やその日のシフト。
 住所が分かれば御の字で、それすらよくわからないケースもしばしば。
 世の中には、場所もシステムもメニューもわからないお店のアカウントが今日も元気にツイートを続けています。

 決して安くないテナント料を負担してお店を経営されている以上、せめて情報が得られる手段をしっかり用意しましょう。
 これだけ多くの競合店がある中、公式サイトが無い時点ですでに他店舗に負けているケースもあるのです。
 営業時間やチャージ料が分からないお店へ行きたいと思う人は稀です。

 これはレポートカフェやってる当店の老婆心から言わせていただきますと、事前情報がある場合とない場合は、ない方がよりネガティヴな経験になりやすいです。
 例えばチャージ料が1時間800円のお店があったとして、事前にサイトで知っている場合と実際に行ってみて言われた場合のどちらが「ぼったくりだった」感が高いかというと、間違いなく後者です。

 実際の値段が適切かどうかはともかく、
「秋葉原のメイドカフェやコンセプトカフェはぼったくり!」
 の風評被害の何割かは、こういう事前のPRを怠っていたか故意に隠していた場合に発生しているのではないかなと思うのです。

*本記事はSNSでの当店の発言を加筆・修正したものです

[ 2021/02/23 18:00 ] コラム | TB(0) | CM(0)