FC2ブログ











光友 绵阳米粉

r2021051801.jpg

 コロナ禍が続く中、観光都市である秋葉原では色々なアイデアが実施されています。
 免税店がアジア食品を扱うというのも、そのひとつ。

 長年外国人向けの商品を並べていた秋葉原TOKISさんでは、現在アジア食品の扱いを開始。
 日本に住んでいる私達でも利用できる商品がたくさん並んでいました。

r2021051802.jpg
光友 光友绵阳 牛肉味米粉(182円位)

 海外のスーパーで買うものと言えば、レトルト食品。
 特にヌードル類はお国柄がわかって面白いものです。

 その中で今回は中国の食品メーカー「光友」さんの光友绵阳 牛肉味米粉を紹介致します。
 日本語に例えると、牛肉味のビーフン(米粉の麺)ですね。

r2021051803.jpg

 パッケージには三国志と思われるキャラクターが描かれています。
 なんとなく劉備、関羽、張飛が誰なのかがわかります。

 作り方は、麺や調味料をすべて入れてからお湯を注ぎ5分ほど待つだけ。
 中は麺も含めてすべてがパッケージングされておりフォークまで入っているので、箸を用意する必要もありません。 

r2021051804.jpg

 5分待ってできたのがこちら。

 いかにも辛そうな見た目とは裏腹に、スパイシーではありましたがそれほど辛くはありませんでした。
 インド料理店のカレーの一番辛くない設定のものが食べられる方なら問題なく召し上がれるでしょう。
 感覚的には四川系麻婆豆腐の刺激に近いものがあります。

 具材はひき肉と野菜が入っており、食べ終わったらご飯を入れても良さそう。
 米粉の麺は美味しかったのですが、パッケージのゴロゴロ牛肉は看板に偽りありでした。
 袋麺でも同じ商品があるので、調味例の画像を変えずにカップ麺に流用した結果こうなってしまったのでしょうかね?

 ともあれ、ステイホームのご時世にこの価格で中国のレトルト麺を食べられるのは嬉しいです。


店舗情報

スポンサーサイト



[ 2021/05/18 21:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

年刊ゆるふぃどにあ 第50話 「萌え要素」

年刊ゆるふぃどにあ 第50話 「萌え要素」
【作画 たぬ(Atelier Q)】


≪本日のシフト≫
長谷川玲真
長谷川玲子








[ 2021/05/17 09:00 ] 漫画 年刊ゆるふぃどにあ | TB(0) | CM(0)

Cafe Mailish 67回目

r2021051501.jpg

 本日は新人メイドひよりさんのお披露目イベントが開催されていました。
 メイリッシュの新人メイドさんは研修期間を終えると正式に名前が公開されるお披露目イベントが実施されます。
 いわば研修終了のお祝いみたいなものですね。

r2021051502.jpg
ひよこパフェ(ラミカ付 1400円)

 本当は暑い気候と可愛い見かけの誘惑に負けてこちらをオーダーしました。
 ゆずシャーベットをベースにしたひよりさんオリジナルのパフェで、甘味の合間のピーナッツの塩味が面白い組み合わせでした。
 この季節にかき氷は早いですし、アイスクリームだと濃厚ですし、こういう甘酸っぱいシャーベットが丁度良いのかも。

r2021051503.jpg

 残念ながらお披露目イベントは見られませんでしたが、ひよりさんが気配りのできる素敵なメイドさんという事はよくわかりました。
 メイリッシュは、店長さん、副店長さんをはじめ気配りができるメイドさんが多く在籍されておられますので、諸先輩方に負けないよう多くの旦那様やお嬢様に愛されるメイドさんとして、益々のご活躍をお祈り申し上げます。


店舗情報

BLAISE 64回目

r2021050901.jpg
タコス2個セット(750円)

 タコス屋であるブレイズさんで、タコスを食べてきました。
 本来タコスのお店なのだから当たり前というお声もありますでしょうが、このお店はタコス以外のメニューも美味しいので、意識しないとメニュー表にある「タコス以外のメニュー」の誘惑に負けてしまうのです。

 そこで今回はホットドッグやハンバーガーの誘惑に負けず、タコスをオーダーしました。

 ブレイズさんのタコス生地は小麦粉とコーンの2種類が存在し、オーダー時に好きな生地とメイン具材が選べます。
 生地は焼いた小麦粉、焼いたコーン、揚げたコーンの中から。
 具材はタコスミート、チキン、ソーセージ、チリビーンズから。
 その中で、今回は揚げたコーン生地にタコスミートを入れて頂きました。
(コーン生地のタコスをオーダーしたのは2年と半年ぶりとなります。)

 生地の食感は、スナック菓子の「ドンタコス」をイメージして頂ければわかりやすいでしょうか。
 なかなか食べ応えがあって美味しいですね。
 
 願わくばコロナ禍が収束した後、これを片手に野球観戦をしたいものです。

店舗情報
[ 2021/05/09 10:10 ] 一般のお店 BLAISE | TB(0) | CM(0)

スープカレー カムイ 94回目

r2021050801.jpg

 半年ぶり、今年初となるスープカレーカムイさん。
 カムイさんが定休日である土曜日に秋葉原訪問する事が多い上にこのコロナ禍で、なかなか行けずにおりました。

r2021050802.jpg
ポークカレー(990円)

 ポークカレーで辛さは0、ご飯は少なめ。
 久しぶりですので今回はレギュラーメニューをオーダーしました。
 柔らかいポークはもちろんですが、この甘くて柔らかいニンジンはまさしくカムイさんの味ですね。


店舗情報
札幌スープカレーの店 カムイ
住所:東京都千代田区神田須田町2-3-24 KTビル1F(地図)